働きアリは生活時間の75%を遊ぶ

一見無目的にみえる遊びや好奇心活動は、未来の変化に備えるものである。 どーでも良いことをツラツラと。

最近のインフルエンサー的ビジネス(本、サロン,ライブ等)はAKBの派生形みたいなとらえ方をしても良いのかなと。


色んな組織に属したり色んな立場に身を置いてみるとわかることが、

「一線を越えるか越えないか?で情報を取りに行かなければならないか? 情報が勝手に入ってくるか?が変わる」ということ


↑このページのトップヘ