働きアリは生活時間の75%を遊ぶ

一見無目的にみえる遊びや好奇心活動は、未来の変化に備えるものである。 どーでも良いことをツラツラと。

色んな組織に属したり色んな立場に身を置いてみるとわかることが、

「一線を越えるか越えないか?で情報を取りに行かなければならないか? 情報が勝手に入ってくるか?が変わる」ということ


家電の開発をやっていることが一番多いわけですが、プロダクトは昔から「写真写りいいわりには、実際に使うと何か見た目の違和感がある」っていうものが結構多い。

以前から書いておきたかったネタ。

国によって世の中がどういう論理構成で回っているか?を知っておくのは重要だなーと。

国や業種、会社、職種 など組織毎にも異なるなーと思っていつも見ています。

↑このページのトップヘ