働きアリは生活時間の75%を遊ぶ

一見無目的にみえる遊びや好奇心活動は、未来の変化に備えるものである。 どーでも良いことをツラツラと。

002



 1.iPhoneX が発表されて数日経ちました
iPhone X 〜新しいデザインコードの挑戦〜で書いたように、iPhoneXで新しいデザインコードが採用されました。


でもって、約1週間くらい、色々な書き込みを拝見しているのですが、ユーザ側から見たときに、「少しデザインが複雑に捉えられているのかも?」という雰囲気を感じたので追記しています。




 2.シンプルデザインと複雑デザイン
アップルはスディーブ・ジョブズが復帰後に、ジョナサン・アイブをデザインの責任者にして徹底的にシンプルなデザインを追求してきました。流れとしては、Dieter Rams(参考本1,参考本2)のデザインの流れと言われています。


シンプル、複雑の言葉の定義が抽象的なのですが、イメージとしては、

シンプル :「引き算」プロダクトから、できるだけ不要なデザイン要素を減らそうと試みたモノ
複雑 :「足し算」プロダクトに、機能的に必要でないデザイン要素を足したモノ

と捉えても良いとは思います。





ちゃちゃっと、シンプルデザインと複雑デザインの特徴を下記の図に表してみました。
001


シンプルデザイン :デザインの複雑性が増すに従って「嫌い」が発生する
複雑デザイン :デザインの複雑性が増すに従って「好き」が発生する(時計、車などに多い)




*豆知識:
あくまでも、僕のデザイン経験上ですが、プロダクトデザイナーは2種類存在して、シンプルが得意な人と複雑が得意な人がいます。なので、プロダクトデザイナーにデザイン依頼するときは、この2種類は明確に確認しないと見事にコケます両方を同時に出来る人は限られた人だけです。



こう考えた時に、iPhoneX は少し、デザインが複雑さを増して「嫌いな人が増えている感じ」かもしれません。


個人的には、iPhone4sでiPhoneは完成されてしまっている感じがしていて、iPhone5で16:9に縦に間延びして美しくなくなっています。それくらい、iPhone4sが美しかった!(特にホワイト)




 3.何故、無理してまで有機ELを採用するのか?
僕も、発売されたら分解して見ると思いますが、iPhoneXは有機ELを使う事によって、コストが1万円以上も上がっていると予想されています。


但し、ビジネスとは非常に複雑なもので、iPhoneXは注目を浴びる「広告」の役割を果たしているので、別にこれが悪いわけではないわけです。


やはり、目立つデザインの商品というものはプロモーション効果は抜群ですし、人と違うものを持ちたいと言う人も多いので、おそらくエッジの効いた人はiPhoneXを購入して人に自慢するでしょう。この効果はバカに出来ないわけです(エッジ層の人達はiPhone7のジェットブラックは自慢出来なかったようですが・・・・)。


もう一つ、有機ELを採用する目的は、エンジニア視点からすると、「VRのディスプレイに使いたい」というものもあるのですが、今回は具体的なVRの発表が無かったのでもしかして将来にむけての有機ELなのかもしれません。




*Dieter Ramsはデザインを見れば美しさが色々感じてもらえるかと

001


既に、絶版になって残念なのだが、ベンチャーを立ち上げた人は、必読と言ってよいと思っている

アントレプレナーマネジメント・ブック―MBAで教える成長の戦略的マネジメント

ここでは、ベンチャー企業が、立ち上がりから、成長フェーズに入るにあたって、「高い確率で遭遇する痛み」(*僕が観察している限りは、例外はあるも、ほぼ100%)について書かれている。





 1.ベンチャー組織の成長痛とは?

ざっくりと言うと、

<①もがき苦しむフェーズ>
  • お金の工面
  • 人の獲得
  • 最適な商品/サービスを見つける/開発する
  • 買ってくれるお客様を見つける
 ↓

<②オペレーションパンク>
    • 超忙しくなり、お客様とのやりとり、社内やりとりでミスが増える
     ↓

    <③マネージャー不在>
      • 30人くらいの会社規模になると部署が出来てマネージャが必要
      • しかし、たたき上げの人は熱意はあっても、マネジメント能力が無い場合が多い
       ↓

      <④企業文化の悪化との戦い>
      • 人数が100人くらいを越えてくると、隣の人の名前、何をやっているかがわからなくなる組織も出てくる
      • この戦いは、組織の立ち上げからケアしておかないといけない話





       2.個人の成長痛とは?

      でもって、同じような話が個人成長でも考えられるかなというのが今回の仮説。
      僕は、組織がダウンサイジングされて、個人にフォーカスされる時代が来ると良いと思っているので、この辺はしっかり色々仮説置きながら調べてみようかなとおもっています。


      明日から、チラホラ書く予定です。


      001



       
      1.注文強制キャンセルはいずこへ?


      本日から、金曜引け後の予告通りに、値幅制限が50%〜200%に。
      今まで調整に時間がかかっていた投げ売りがやりやすくなったわけで、朝から久しぶりの活況。

      但し、大陰線ばい〜〜ん↓。完全な底抜けモード。


      170919

      出所:VALU225:17:20現在
         山田美穂さん作(山田美穂さんのVALU:買って上げて下さい) 




      でもって、疑問なのが、先週金曜に発表があった、取引ルール変更の「注文強制キャンセル」の項目。



      VALU_PR170916

      出所:https://help.valu.is/article/118-article



      注文強制キャンセルはいずこへ???・・・・・。今週をゼロ週とカウントして再来週から強制キャンセルということでしょうか。追加情報待ちましょう。







       2.待たれるVA数毎のVALUER管理機能

      僕の持っているVALUのアーキテクチャーのイメージはこんな感じです。
      FullSizeRender 2

      簡単にいうと、水を入れれば入れる(VAを売り出せば売り出す)ほど、抜けたがる水(売りたがる)が出てくるというもの。そのため、発行者側は、圧倒的有利な立場でありながらも、調整できるパラメータは当たり前ですが「売る人を減らす」「買う人を増やす」しかないわけです。


      でもって、通常の株式と異なり「配当が無い」「VALU自体に担保価値が無い」「カラ売りが無い」という特徴からVALU発行者が手を抜き始めたら見事に水が抜けていくワケです。


      個人的には、これ以上、発行主に有利な条件をつけるのもどうかとは思うので、単なるUI的な機能で可能な限り発行者のモチベーションを上げる方法は無いかと頭をひねりました。うーーん。

      ・・・・・でました。


      VA数毎のVALUER管理機能
      (VA数でSNS機能を別にする、更にいうと、一定期間内に一定VA数を買った人毎にSNS機能を別にするというものもアリかも)


      です。あくまでもアイデアベースですが。


      結局のところ、発行主が、自分が頑張って売りながら、その売りが将来の売り圧力にならないようにするには、「償却する」「買い手が買ったVALU数で満足できないようにする」みたいな方法になるわけです。


      前者の「償却する」は、優待を使えば、VALUが自動的に0.1VA単位(案ですが)で償却できるようにするっていうのもアリかと思います。但し、これは、VALUのシステム的に結構改修が大変じゃないかと思うので、検討には値するが、ちょいと目先では無いかなと。


      となると、後者ですが、VALU数に応じて優待をころころ変えること(厳密には、優待のVALU数を増やさざるを得ないのですが)で、買いの魅力を上げるという事が可能かもしれません。


      イメージ的にいうと、例えば10VAの人向けの鍵付き投稿、や直近3ヶ月にVAを買った人向けの鍵付き投稿ができるようにするというもの。更に贅沢を言えば、Slackが一世風靡したような何か使いやすい機能があれば本当は嬉しいですがね〜。



      但し、VALUは3ヶ月で皆さんおわかりだと思いますが、「発行者のモチベーション」で全てが全く変わるので、発行者が何をモチベーションにするか?は本当は発行者の人がアンケート形式で回答するような場を設けても良いのだとは思います。

      ↑このページのトップヘ