働きアリは生活時間の75%を遊ぶ

一見無目的にみえる遊びや好奇心活動は、未来の変化に備えるものである。 どーでも良いことをツラツラと。

2017年09月

BLACKBOX

色々とICO見てきて、詐欺率(プロダクトつくっていないだけのものもあり、詐欺だと断定難しいのですが)みたいなものを確認することがあるのですが、わかりやすいところだけチェックリスト公開


僕の本業のハードウェアにおいても、開発や製造を委託する工場探しもチェックリストが凄く重要になります。但し、チェックリストの運用が結構難しく、100点のものは基本ありませんので、どこまでリスクを自分でカバーできるか?との睨めっこが日常茶飯事です。


今回の重要テーマはチェックリストでなく、その1項目の「オープンソース」についてです。



 1.詐欺ICOのチェックリスト(簡易部分のみ)

マニアックなチェック項目もあるのですが、説明の手間がかかるので、今回は、誰にでもわかりやすそうな簡単な部分だけ。

特に注目すべき内容(良くないもの) <=後述
□オープンソースでないもの
 *運営側が不正を出来ないことを示すため(色々運営の詐欺手法があるので)


詐欺を疑うべきモノ
□ホワイトペーパーが無い。/ホワイトペーパーがあっても、ポエムしか書かれていない(具体的な開発詳細、特徴が無い)

□セミナーを開いて、セミナーで販売、勧誘するもの

□代理店が販売しているもの

□運営会社、発行会社の存在が不明確なもの(特に、中国、ロシア、ブラジルなどの英語圏でないもの発が日本で文字が読めない人が多いので狙われやすい)

□「絶対に上がる」「将来的に上がる」等の上がるだけを煽るもの

□購入金額に最低**円以上みたいな制限があるもの

□紹介報酬があるもの

□人伝いで勧めてくるもの(「今だけ」「誰々知っている」「安く買える」等)

□有名人の名前を出して勧誘するもの

□いかにも、日本を狙ったようなWEBサイトのもの(海外発のものは英語だけの方がよほど信頼に値する)


ICOで手を出すメリットが薄いもの
□「それ必要?」っていう内容のもの

□特定のサイトでしか使えないようなもの 


*内容は他にも詳細があるのですが、比較的、世の中で言われているわかりやすい当たり前のことだけにしています。




 2.ブラックボックスが否定されるのか?

先に述べた、「オープンソースであること」というものは、ハードウェアなどで「ブラックボックス化が重要」という環境で育ってきた僕にとっては結構衝撃度が高いものです。


暗号通貨の運営所は、あえて書きませんが、色んな不正をすることが可能です(ほとんどがバレにくい)。


そのため、オープンソースを使うことによって、「弊社は不正をしません」という宣言になるという事です。


なんという時代の変化。


暗号通貨で言うと、運営なら「多くの顧客」「高い信頼を得る」「オペレーション能力が高い」というようなブラックボックスでを否定するところが競争の源泉になりつつあるとうことです。


発行体でいうと、さらに「世の中の課題を解決」「特徴ある使い方」のようなところが競争の源泉になるのでしょうか。


いずれにせよ、面白い時代になったものです。

 1.底でモミモミか?

今日も、一日中VALUをウオッチできなかったので、後から投稿などを見るのが中心でした。
比較的安いVALUを中心に賑わっている感じはあるも、買い上がる感じはみられないですね。
何か大きなバージョンアップが出るまでこの辺でモミモミかもしれません。
15
出所:VALU225:21:00現在
   山田美穂さん作(山田美穂さんのVALU:買って上げて下さい) 



 2.VALUは自由だ!

色んな方が、VALUのメンバーで色んな遊び方をなさっています。
自由で見ていて楽しいです(笑)。そのうち、キラーとなる遊び方が出てくると面白くなりそうですね。

 1.自律反発はなさそうか?

27日は、一日中VALUをウオッチできなかったので、後から投稿などをみるだけでした。
静か〜な感じは変わっていないようで、大きな投げは減っているものの、積極的に買うという方向性もなさそうで、この1ヶ月以上の下げを挽回するような反発は目先は無いかも知れません。


まあ、自分の興味持った人を見るだけでも楽しめるのがVALUですが。
27

出所:VALU225:21:00現在
   山田美穂さん作(山田美穂さんのVALU:買って上げて下さい) 



 2.VALUの過去投稿サクサク見たい!

1日終わってから、1日の投稿などを見ようとすると、本当にサーバーが思い。体感では2週間ほど前から、サーバーの数を減らした感じはあります。


リアルタイムに見ることが出来ない人が多いと思うので、後からサクサクと過去の投稿を見ることが出来るようにしてくれるとうれしいなと思いますね。

09
 
1.モミモミ相場


大きな悲観的な下げ圧力は無くなったのですが、熱狂でもなく、ホドホドの相場なのかなと。



結局の所、VALUは発行者が17000名を越しているので、1名当たりの売買状況はタイムバンクと比べるとどうしても薄くなってしまいますので、これくらいの感じで「焦って売買しない感じ」が良いんじゃないでしょうか。


あとは、有名以外の方で自分が興味持っている人をうまく探せれば色々楽しくなるのではないでしょうか。
21
出所:VALU225:20:30現在
   山田美穂さん作(山田美穂さんのVALU:買って上げて下さい) 



 2.VALUER増えている人が底堅いか?

VALUのファン数ランキングというサイトをひさしApp@分析好きさんが作成なさっています。
その中で、VALUERの数が増加している人は、何だかんだ底堅い感があります(本当にヒカルさんはもったいないですよね)。一番わかりやすいのは、落合陽一さんかなと。

06

18
27


出所:VALUのファン数ランキング
作者:ひさしApp@分析好き



25
 1.自分のやっている事の立ち位置
以前から、職業(厳密には、「能力とやっている事のフィット感」くらいが僕にはピンと来ますが)の研究をしまくってます。色々な切り口があるのですが、今の技術進化が早い時代においては、

  • 自分が得意とする仕事内容は、下のレイヤーが固まっているのか?
  • 失敗コストはどの程度なのか?
  • ツールの進化がどの程度なのか?
あたりは、常に意識した方が良いのかなといつも感じています。


細かい話はそれぞれ別途ということで、「自分が得意とする仕事内容は、下のレイヤーが固まっているのか?」だけちょいと。



 2.仕事内容の下レイヤーが固まっているのか?

「若い人が有能だ」という意見を言う人もいらっしゃるのですが、世の中は、参加するゲーム(と言って良いのかわかりませんが)によって、先行者有利/後発有利、ゼネラリスト有利/専門家有利 等色々あるので、それぞれによって話は全く違うと思っています。


但し、今の時代は、直ぐに下レイヤー(エンジニア以外の方は、前提となる技術や土台と思えば良いと思います)が、固まるので、上レイヤーだけで勝負が決まるみたいな事が増えてきているのは事実。なので、後発の人ほど、色々条件が整っているので色々やりやすい事が多いのは事実です。


例えば、ブロガーという仕事を専門でやっている人に、「CPUを設計しろ」「プロトコル設計しろ」と言うことはナンセンスですが、何も無かった時代には、これらをやらなければいけなかったのは事実。一方で、スペックが固まってしまえば、そこで戦うのは逆に無駄で、上だけで戦えばいいということです。

 

でもって、会社によっても、立ち上げが得意(好き)な会社もあれば、後発が得意(好き)な会社もあります。



個人も同じ話が適用出来ると思っていて、立ち上げが得意(好き)な人もあれば、立ち上がってからが得意(好き)な人もいるわけです


*僕は、圧倒的に立ち上げが好きで、立ち上がると飽きます。

↑このページのトップヘ