働きアリは生活時間の75%を遊ぶ

一見無目的にみえる遊びや好奇心活動は、未来の変化に備えるものである。 どーでも良いことをツラツラと。

2018年03月

好きな事で食っていく_食べ物編
 1.好きな食べ物を食べまくってビジネスにするには?
好きな事をビジネスにするには?と考えた時に、最初に思い浮かぶネタの一つが「食べ物」。

1990年頃は、「料理の鉄人」みたいな高級ネタが目立つ「食べ物関係職業」だったのですが、ラーメンを筆頭にだんだんダウンサイジングに。

但し、同じ「好きな食べ物をビジネスにする」でも「食べ物によって食い方が異なる」のが面白いところ。
001



 
2.好きな事で食っていくチェックリスト
でもって好きな事で食っていく初級チェックリスト(今後加筆修正しますのでたたき台)
002

 1.年4回発行の四季報の意味合いまとめ
四季報まとめ

38
 1.グローバルで拡大する事業での品質部門の重要度
002
製造業を例にとると、1-10個くらいのモノを作る場合は、設計して作りながら良くないところを修正かけます。

一方で、最近のiPhoneに代表されるように、1機種で1億台もの商品を量産するものも出てきています。

そこで品質を理由に「出荷を止める」となると事業インパクトが大
003
プレッシャー尋常じゃないです。


 2.グローバルで拡大する事業での品質部門の重要度

ヒエラルキー

 1.ヒエラルキー位置毎に異なる教育方針
ビジネススクールの講師をしていること、子供の教育方針を考える時期に来ていることから日々教育に興味持っています。

でもって、普段からいつも感じるのが、ヒエラルキーの位置毎に教育の方法は異なるなーという点。

002


 2.戦後は暗記主体の底上げ教育が相性良かった
戦後は、敗戦国というのもあり全体的に日本は貧しく、他の国に追いついて豊かになるのが至上命題だっという理解。そう考えると、底上げの丸暗記教育は国の事情との相性が良かったかなと。

更に、日本人の勤勉さ、指先の器用さ等も手伝って製造業中心の加工貿易に花が咲いたと理解。
003



 3.今後どうなるのが望ましいのか?
004


2000万円
 1.年収2000万円の新卒が出る時代へ
一昨年くらいから、テクノロジー系の経営者の中では話題になっていたのですが、シリコンバレーでは新卒初任給が2000万円の事例が出始めています。



日本は、全体的に収入に対して不満が多いくせに行動を起こさない訓練を受けてきたのかもしれないです。


↑このページのトップヘ