1.高額VLAUの崩れ

全体的に静かな相場ですが、高額VALUが少しずつ値崩れしてきた感もあります。

但し、第一次熱狂の後の冷え込みの価格よりは遥かに上にいっているので、明日以降どうなるかウオッチ継続です。





 2.熱狂-沈静の周期は?

初日からVALUをみている感覚でいうと、VALUは大まかにいうと、価格が10倍になったり1/10になったりする感じです。


ここでポイントになるのは、値幅制限かなと。


第一次熱狂の後(VALU事件簿003 〜 クソ株界に新星誕生! 〜)に値幅制限1.5倍〜0.75倍というものが導入されたわけですが、


これによって、例えば、毎日1.5倍になるとしても10倍になるのに約1週間かかるわけです。逆の1/10になる下落も約1週間です。


下落の場合は、上昇のときと比べて、常に投げ売りがなされるわけではないので、毎日0.75倍でなくジワジワくるわけで、そう考えると数週間かかるという計算になります(そろそろ例の騒動から1ヶ月くらい経ちそうです)。


見ている限りは、そろそろ値段的には良い感じかなと思うVALUが多いのですが、問題は昨日も書いたように


「殆どの人がBTCが枯渇しているはず!」





 3.成立しない買い注文だらけ

多くの人が仕方ないんだが、どうにかしてほしいと思っているのが、


「上場したのに、全く売り出し も 投稿 も無い人」

今日、かなり大量の過去の未約定の買い注文をキャンセルしてみました。
山ほど、手元にBTCが戻ってきました。


毎日、新規登録が増えるのはありがたいのですが、何もアクションが無いと、「信用創造」にBTCがまわらないので、徐々に信用創造の総額が縮小に向かいかねないです。


言葉は悪いですが、VALUのサービスにとって弊害が大きいと感じています。


登録だけして、何もアクションが無い人は、一度、上場廃止するなどのアクションも検討してもらってもいいんじゃないかと個人的には感じます(僕が頭が回る範囲では、誰にとっても弊害は無く、良い事だらけかと思います)。


但し、一度でも売り出ししてしまった人は弊害が出るので別話です。




〜PS〜

友達に、ビットコイン、イーサリアム何処で買うと良いのかな?と聞かれることが多いので、まとめておきました。

初めての国内の暗号通貨取引所 〜まとめと比較〜

ビットコインなら、BitFlyerかZaif、イーサリアムならCoinCheckがスプレッドや手数料の観点で良いと思います。