働きアリは生活時間の75%を遊ぶ

一見無目的にみえる遊びや好奇心活動は、未来の変化に備えるものである。 どーでも良いことをツラツラと。

カテゴリ:

スクリーンショット 2018-06-18 20.09.28

時代や環境によって、モノやサービスを提供する側が意識する「線」が色々変わるという話。

バカの一つ覚えに「差別化」ばかり言っても機能しない時代。


1.物不足の時代:産業革命の頃に一気に物不足の解消が意識された
スライド06
スライド07


2.比較購買の時代:20世紀中頃。メディアの発達により買う前に情報が入手できるように
スライド08
スライド09


3.自己満足の時代:インターネット登場後、顧客の琴線を意識しないとモノが売れない時代に
スライド10
スライド11


今や、見るべきは「競合」だけでなく、「顧客の琴線」 ・・・・という当たり前の話
 

↑このページのトップヘ