働きアリは生活時間の75%を遊ぶ

一見無目的にみえる遊びや好奇心活動は、未来の変化に備えるものである。 どーでも良いことをツラツラと。

カテゴリ: マーケティング

001


 1.ネットで売りにくいものは?

おもちゃの専門店で有名なトイザらスがアメリカで連邦破産法11条を申請しました(米トイザラス破産申請=ネット通販台頭で打撃)。当然のことながら、amazonを筆頭にするインターネット販売が販売苦戦の原因と言われています。


ネットで売りにくいモノって何だ?という話がいつも出てくるのですが、「実はあまり無い」と言うのが今までの経験の所感。


例えば、僕が以前いたデザイン家電のベンチャー企業では、2005年頃に一番商品を売ってくれていたのは、秋葉原にあったヤマギワ リビナ館という大きな実店舗(今は閉鎖されましたが)。


このヤマギワ リビナ館は照明などを中心にデザインこだわった商品を販売なさっていました。


当時でいうと、「デザイン商品は実物を見ないと売りにくい」と一般には言われていたものです。それが、2005年頃に「実店舗よりネットの方が売り上げが上回った」と店舗の方から聞きました。


となると、当然、デザイン商品は、ネットが主戦場になるのは予想出来たわけです。






 2.ネットで売りにくいもの兆候の歴史

インターネットで売りにくいものは、色々あるのですが、兆候が出始めたデザイン・ブランド領域での転換点を振り返ってみると、


  • 2005年頃 デザイン商品がインターネットで売りやすくなってきた
  • 2007-2010年頃:ブランド商品がインターネットで売りやすくなってきた
    (銀座のブランド店舗よりも、インターネット販売(全体ですが)の方が売り上げが上回り始めた)
  • 2010年頃 :服などのファッション商品が売りやすくなってきた



という感じでしょうか。ここで、売りやすく は 買うのに慣れてきた と言ってもいいかなと。



  • 売りやすく :インターネットで表現力が上がってきた
  • 買うのに慣れてきた :ユーザが高額商品を買うのに慣れた。  店舗で実商品をみなくてもイメージがつくようになった



この先、何が起こるんでしょうね〜

001



 1.2010年頃からの本の内容ペラペラ感
  • 本は何故300ページくらいの作品が多いのか?
  • テレビは何故30分、60分の番組が多いのか?



過去に電子コンテンツのビット単価を調べて、凄く違和感が出始めた疑問。


僕は学生の頃に本を全く読まなかったクセに、働き始めてから本を読みあさり、2000年頃から自炊で本が数万冊になるという始末。独身の頃は毎月本に数十万円使っていたときもありました。


一方で、2010年くらいから、「数ページは本当に素晴らしい事が書かれているのに、何か全体の内容が薄いよな?」という本に当たる確率がかなり高まりました。


テレビも同じような、「内容が薄い」みたいな事を感じ始めたのが2005年頃からかもしれません(インターネット的には5秒くらいで済む内容が無駄なイフェクト、CMマタギなども含めて数分に延ばされてしまっている)。





 2.売り手と買い手の合意フィクション


結局のところ、先の疑問の答えは

売りやすいフォーマット(ページ数、時間)と価格帯が売り手、買い手の間で出来上がってしまった

というだけかなと。ある意味、売り手も買い手も双方にとっての調和。普段から、そもそも論を考えている人からすると当たり前なんですが。




本の場合
  • 本の場合は、300ページくらいだと、1000円とか2000円を衝動買いできるお客様が多い
  • 一方で、10ページの本に、100円を払うお客様は殆どいない(はず)



テレビの場合
  • テレビの場合は、30分、1時間だと新聞のテレビ欄が乱れない(見やすい)
  • 広告代理店が、CMクライアントに売りやすい/クライアント側も買いやすい(本の価格と同じ論理)



 3.なぜ、アイドルは歌手が多かったのか?

その他、昔からいうと、
  • アイドルは何故「歌手」が多かったのか?
  • CDに、「アルバム」「B面/カップリング曲」みたいな概念が存在するのか?
  • 日本は何故、新卒一括採用が多いのか?


昔から、アイドルは、歌手スタートだったり、他の分野で売れた人が歌手になることも多かったわけですが、結局のところ、「歌手が一番お金に換えやすかった」だけで、他のものがお金に換えやすかったら他のものが歌手の代用になっていたはず。


昨今の、アイドルの握手券をCDに載せるのも、CDがお金に換えやすいだけ。


CDのアルバムで言うと、itunesなどが流行り始めてから、その概念が崩れ始めたわけですが、この手の話しは、「そもそも〜」っていう話を誰かが斬り込まないと予定調和の生態系からロックが外れにくいのですが、そろそろ、外れる予感も多々あります。


ユーザ側の論理でコンテンツが変わりつつある時代なので、本やテレビを中心に「流通形態、価格、ページ数、時間幅」などが色々見直されると良いのにナーと思う今日この頃。




こちら(大切なのは技術なのか? 〜どういう体験をしてほしいの?〜)で、アップルと日本企業の技術導入時期を比較してみましたが、こういう話の時にいつも思い出すのが、この素晴らしいスライド。


「もし日本のメーカーが iPhone を発売していたら」という7年前のブログ内容ですが、このスライドは、何度見ても素晴らしい。


もし日本のメーカがiphone


もし日本のメーカーが iPhone を発売していたら



機能を色々と入れたい、あれこれ言いたいというのは、「不安」の表れで「失敗したときの言い訳」を準備している以外のなにものでもないわけです(ターゲットユーザが見えていないというのもありますが)。



001


iPhoneで次々に、日本で先行導入された技術が採用されて、多くの人を熱狂させています。

その採用時期を比較してみました。見ての通りです。


携帯電話への技術導入時期。
  • 有機EL 2001年 vs 2017年
  • 非接触充電 2011年 vs 2017年
  • 指紋認証 2003年 vs 2013年
(左:日本、右:アップル)



技術の世界では、「10年前の技術なんて、100年前かよ!!」くらいの古さで言われるような話。でも、どちらが、お客様を熱狂させたか?は一発でわかるはず

どういう体験をお客様にして欲しいの?

それだけです。 


「差別化」
という言葉で、お客様無視で、企業間競争するような時代は終焉にむかいつつあります。何でも、最初に導入すれば良いというわけではないのです。


[関連記事]

iPhone 〜日本の有機ELは2001年〜
iPhone 〜日本の非接触充電は2011年〜
iPhone 〜日本の指紋認証は2003年〜
Snow 〜日本のキャラクタービデオは2003年〜

2017年9月12日(米国時間)アップルの新商品発表会があり、新型iPhoneの発表があると言われています。


エンジニアとビジネスの視点でも書きたいところですが、そこは、色んな人が書いているである内容なので、時間が許せば書くとして、手始めはデザイン。



 
1.デザインの挑戦


現代のプロダクトにおいては、

「遠くからみてフォルム(簡単にいうとシルエット)をみて、ブランド名がわかるか?」

は、プロダクトデザインとしては非常に重要な意味をもっているわけで、



今までのiPhoneと言えば、これ↓でしょう。

iPhone

おそらく、多くの人がこのシルエットをみて、iPhoneだとイメージがつくはず。



一方で、これ↓
iPhone_full

このシルエットをみて、iPhoneだとイメージ出来る人も多いだろうが、少し割合は減るはず。


それほど、

「ボタン」の丸デザインっていうのがアクセントとして重要

というのが、僕のデザイン視点での印象。



技術の流れとして、「フレームレス」「全画面」というのがスマートフォンの技術の流れなので、この「丸デザインのボタン」をどうするか?がアップルとしての非常に重要なブランドマネージングとしての判断が問われるわけです。



「フレームレス」「全画面」という内容を、単に技術だけで、実現したら、
iPhone_full

これなわけです。





 2.シンプルなデザインコードを占有していたアップル

アップルは、ジョナサン・アイブがデザインを統括し始めてから、プロダクトのデザインコード(日を改めて別途説明します)についてには、複雑なものを使っていない。


あえて言うと、「使っていない」というより


「使わなくても他社より先に、シンプルなデザインコードを占有できた」


というのが正しい。




デザインは、2番手は、「マネをしている」という印象をユーザに与えてしまうので、1番手でデザインを公表しなければならない。


その際に、「今までに無いプロダクトを生み出していたアップル」というのは、「シンプルなデザインコードを占有」できると言う意味で、良かったわけです。


角Rなどという「超シンプル」なデザインルールをアップルが占有できたのはそういう理由だから。


しかし、最近では、少し、アンドロイド陣営(厳密にはサムスンが1番手でしょうが)に色々と先行されている部分もあり、他社より先にデザインコードを占有しにくくなっているという状況があります。





 3.新しいデザインコード?

今回、アップルが、iPhone X で用いようとしているディスプレイデザインは、下記のように言われている(あくまでも噂)。

iphoneX

当然、目が行くのは、一番上の「キリカキ」。


レシーバ(耳で音を聞く部分)、フロントカメラがディスプレイと兼用できないという意味で、やむを得ないキリカキなのでしょうが、


この「キリカキ」をみたユーザがアップルのデザインと認識できる


となってくれるかが、アップルのデザインチャレンジ。


今までの歴史でいうと、アップルは、こういう少し複雑なデザインコードで勝負したことが無いので、ユーザの反応がどうなるかは、個人的に楽しみです。











 

↑このページのトップヘ