働きアリは生活時間の75%を遊ぶ

一見無目的にみえる遊びや好奇心活動は、未来の変化に備えるものである。 どーでも良いことをツラツラと。

カテゴリ: 職業

 1.生産性を上げるのが働き方改革?

友人と食事しながら、働き方改革の話になったのですが、日本ではどうしても「生産性を上げる」だけの話にしかいかない感じがするので個人意見をば。


もちろん生産性を上げるというのは重要で、そこは全く否定しないです。但し、生産性というのは恐ろしいもので、

業界の競合がブラック企業的な働き方をすると、単位時間あたりの生産性が同じであれば勝てないわけです(競合の方が単位時間あたりの数値が良くみえるようになってしまう)。

つまり、業界として1企業でもズル(?)をすると、そこに追従しないとダメという構造。

と考えると「生産性を上げる」だけを自社で考えても解が無い可能性もあり他の解は何かないか?という話。



 2.ユニークポジション
001
自分が超大型の企業より中小型な企業話を見ることが多いというのもあるのですが、結局のところ

「ユニークなポジションを
  確立している会社は
    働き方に余裕があり
      従業員がニコニコ」


している会社が多いなーといつも感じます(会社としての余裕もかなりある)。


おそらくは、ユニークポジションほど付加価値を上げることにフォーカスが可能で、コストダウンにフォーカスが行かない(行かないのが良いわけではないのですが)ので、比較的自由なのかなーと。


と考えると、働き方改革の旗を掲げる会社というのは、人事部とか事業部に「生産性上げろ」というだけでなく経営層が「ユニークポジションをいかに確保するか?」を考えないといけないんだろうなーと思うところです。
002
何だかんだ、ユニークポジションをとれると、良いことだらけなんだなーと思うのですが中々難しいのは事実です。

 1.職業って何だ?

中学生が将来なりたい職業なるものをソニー生命さんが調査なさった結果が発表されていたようです。
001
今のトレンドで、Youtuberとかゲームなどのキーワードが出てきているので、一般的には、「今どきの子供の夢ですよね〜」なんですが、
002
「明日からなれるものばかりじゃん!!」っていうのが僕の感想。


但し、僕も恥ずかしながら、大学院出たときは「就職情報誌に載っているのが職業だ」と思ってました。自分で考えずに、世の中の雰囲気を自分の意見と置き換えていたんですよね(超恥ずかしい) 


 2.明日からでも出来る事を子供が夢と言ったら何と回答するか?

子供に、「将来何になりたい?」と聞いた時に、明日からでも出来る事を「夢」と言ってきた場合に、親としては考え物です。ここは僕も子育て中なので、考えを纏めておかないと。


僕は何でも屋さんなので、何でもやらせちゃうつもりですが・・・。

25
 1.自分のやっている事の立ち位置
以前から、職業(厳密には、「能力とやっている事のフィット感」くらいが僕にはピンと来ますが)の研究をしまくってます。色々な切り口があるのですが、今の技術進化が早い時代においては、

  • 自分が得意とする仕事内容は、下のレイヤーが固まっているのか?
  • 失敗コストはどの程度なのか?
  • ツールの進化がどの程度なのか?
あたりは、常に意識した方が良いのかなといつも感じています。


細かい話はそれぞれ別途ということで、「自分が得意とする仕事内容は、下のレイヤーが固まっているのか?」だけちょいと。



 2.仕事内容の下レイヤーが固まっているのか?

「若い人が有能だ」という意見を言う人もいらっしゃるのですが、世の中は、参加するゲーム(と言って良いのかわかりませんが)によって、先行者有利/後発有利、ゼネラリスト有利/専門家有利 等色々あるので、それぞれによって話は全く違うと思っています。


但し、今の時代は、直ぐに下レイヤー(エンジニア以外の方は、前提となる技術や土台と思えば良いと思います)が、固まるので、上レイヤーだけで勝負が決まるみたいな事が増えてきているのは事実。なので、後発の人ほど、色々条件が整っているので色々やりやすい事が多いのは事実です。


例えば、ブロガーという仕事を専門でやっている人に、「CPUを設計しろ」「プロトコル設計しろ」と言うことはナンセンスですが、何も無かった時代には、これらをやらなければいけなかったのは事実。一方で、スペックが固まってしまえば、そこで戦うのは逆に無駄で、上だけで戦えばいいということです。

 

でもって、会社によっても、立ち上げが得意(好き)な会社もあれば、後発が得意(好き)な会社もあります。



個人も同じ話が適用出来ると思っていて、立ち上げが得意(好き)な人もあれば、立ち上がってからが得意(好き)な人もいるわけです


*僕は、圧倒的に立ち上げが好きで、立ち上がると飽きます。

↑このページのトップヘ