働きアリは生活時間の75%を遊ぶ

一見無目的にみえる遊びや好奇心活動は、未来の変化に備えるものである。 どーでも良いことをツラツラと。

カテゴリ: ビジネス

001


 1.ネットで売りにくいものは?

おもちゃの専門店で有名なトイザらスがアメリカで連邦破産法11条を申請しました(米トイザラス破産申請=ネット通販台頭で打撃)。当然のことながら、amazonを筆頭にするインターネット販売が販売苦戦の原因と言われています。


ネットで売りにくいモノって何だ?という話がいつも出てくるのですが、「実はあまり無い」と言うのが今までの経験の所感。


例えば、僕が以前いたデザイン家電のベンチャー企業では、2005年頃に一番商品を売ってくれていたのは、秋葉原にあったヤマギワ リビナ館という大きな実店舗(今は閉鎖されましたが)。


このヤマギワ リビナ館は照明などを中心にデザインこだわった商品を販売なさっていました。


当時でいうと、「デザイン商品は実物を見ないと売りにくい」と一般には言われていたものです。それが、2005年頃に「実店舗よりネットの方が売り上げが上回った」と店舗の方から聞きました。


となると、当然、デザイン商品は、ネットが主戦場になるのは予想出来たわけです。






 2.ネットで売りにくいもの兆候の歴史

インターネットで売りにくいものは、色々あるのですが、兆候が出始めたデザイン・ブランド領域での転換点を振り返ってみると、


  • 2005年頃 デザイン商品がインターネットで売りやすくなってきた
  • 2007-2010年頃:ブランド商品がインターネットで売りやすくなってきた
    (銀座のブランド店舗よりも、インターネット販売(全体ですが)の方が売り上げが上回り始めた)
  • 2010年頃 :服などのファッション商品が売りやすくなってきた



という感じでしょうか。ここで、売りやすく は 買うのに慣れてきた と言ってもいいかなと。



  • 売りやすく :インターネットで表現力が上がってきた
  • 買うのに慣れてきた :ユーザが高額商品を買うのに慣れた。  店舗で実商品をみなくてもイメージがつくようになった



この先、何が起こるんでしょうね〜

001


既に、絶版になって残念なのだが、ベンチャーを立ち上げた人は、必読と言ってよいと思っている

アントレプレナーマネジメント・ブック―MBAで教える成長の戦略的マネジメント

ここでは、ベンチャー企業が、立ち上がりから、成長フェーズに入るにあたって、「高い確率で遭遇する痛み」(*僕が観察している限りは、例外はあるも、ほぼ100%)について書かれている。





 1.ベンチャー組織の成長痛とは?

ざっくりと言うと、

<①もがき苦しむフェーズ>
  • お金の工面
  • 人の獲得
  • 最適な商品/サービスを見つける/開発する
  • 買ってくれるお客様を見つける
 ↓

<②オペレーションパンク>
    • 超忙しくなり、お客様とのやりとり、社内やりとりでミスが増える
     ↓

    <③マネージャー不在>
      • 30人くらいの会社規模になると部署が出来てマネージャが必要
      • しかし、たたき上げの人は熱意はあっても、マネジメント能力が無い場合が多い
       ↓

      <④企業文化の悪化との戦い>
      • 人数が100人くらいを越えてくると、隣の人の名前、何をやっているかがわからなくなる組織も出てくる
      • この戦いは、組織の立ち上げからケアしておかないといけない話





       2.個人の成長痛とは?

      でもって、同じような話が個人成長でも考えられるかなというのが今回の仮説。
      僕は、組織がダウンサイジングされて、個人にフォーカスされる時代が来ると良いと思っているので、この辺はしっかり色々仮説置きながら調べてみようかなとおもっています。


      明日から、チラホラ書く予定です。



      001



      万歩計で2万歩歩いている方への返事で書いたんですが




      昔からよくあるネタなんですが、何だかんだ歩いたらお金が増えるっていいよなーと。


      でもって、思い出したのが、携帯電話を開発していたときに、GPSの計算速度を上げる(昔は本当にGPSは電力くうわ、計算遅いわ だったのです)ために、マゼランジャパンという会社が提案していた、


      GPS生データを基地局に送る


      っていう技術。




      なんのこっちゃという人も多いでしょうが、GPSって、携帯電話で受け取ったデータを、携帯電話の中で逆行列の計算をしているのです。


      それが昔の携帯電話だと、本当に時間がかかり、電力消費が半端なかったので、「計算するまえに、データだけ基地局におくって、サーバー側で計算して、携帯電話に結果だけ返そう」っていう話。


      そう考えると、歩いた電力は、本当に小さいのですが、


      「作った電力で何かの小さい計算をして、

      後で何処かに送れば、それが価値がある」



      ものがあれば、歩けばお金が貯まります。


      暗号通貨でそれができれば、かなり良いんだが。頭回すぞ。


      <でも、これくらいの微小電力で、計算が困難なのも知っている>



      001






      GMO、DMMが相次いで、暗号通貨のマインニング事業参入を表明しました。







      また、GMOについては、マインニングチップが、中国の大手マイナーのものより優れているとの事も言われています。



      GMOがマイニングで活用する半導体チップ

      『――日本企業のGMOインターネットがビットコインの取引を承認するマイニング(採掘)事業に参入すると発表しました。

       「GMOがマイニングで活用する半導体チップは、中国の大手マイナーが製造しているものより性能が優れているとみられる。電気代などコストの問題で日本勢の参入は難しいと言われてきたが、採掘技術が向上すれば、この分野での日本勢の商機も見えてくる」』




      日本的にいうと、いつもの後追いぽいんでしょうが、ベンチャーの2社が同時期に発表するのは何かの縁。資源が少ないと言われて、色んな交渉で劣勢に立たされている日本として、バーチャル資源(勝手につけた名前ですが)については、世界をリードしてほしいところです。




      個人的に、この領域で感じるのは、

      • 当たり前に、電力料金が安い国が有利 なので、ここは、どこかの国と交渉して、電気料金が安く、サーバー管理がしやすい(気温とか安全性)国にサーバーを置かせてもらうっていうのが良いのかも知れません。

      • こういう計算モノは、過去の歴史でいうと、アメリカ、イスラエル、アイルランド あたりの天才が強い分野(行列計算を短縮計算する方法を見つけたりする)だったのですが、ハードウェアも絡むので、もしかして、日本が目立てる分野かもしれないです


      • 金融庁の長官が森さんになってから、日本は金融分野では攻めている国です(日本の金融庁は攻めている)。金融庁が、「規制しなくても、良いような仕組み」をロジカル/システム的に参加企業が実現して欲しいところです。

      応援したいところです!

      コンビニ大手3社の理念(まわり)の違いが面白い。

      セブンイレブンがどちらかというとamazonよりな気が。
      ローソンとファミリーマートが「気持ち的なもの」な気が。

      セブンイレブン
      「便利の創造」に努めてまいります

      ローソン
      「マチの暮らしにとって“なくてはならない”存在を目指し」

      ファミリーマート
      お客さまの気持ちにいちばん近い存在を目指します」


      セブンイレブンの「便利の想像」って凄い言葉。

      以上、どうでもエエ話。













      以下、参考

      セブンイレブン
      「便利の創造」に努めてまいります

      44

      http://www.sej.co.jp/company/principle.html 


      ローソン
      「マチの暮らしにとって“なくてはならない”存在を目指し」
      43


      http://www.lawson.co.jp/company/corporate/


      ファミリーマート
      お客さまの気持ちにいちばん近い存在を目指します」

      07

      http://www.family.co.jp/company/familymart/idea.html

      ↑このページのトップヘ