働きアリは生活時間の75%を遊ぶ

一見無目的にみえる遊びや好奇心活動は、未来の変化に備えるものである。 どーでも良いことをツラツラと。

カテゴリ: ビジネス

しまじろう最強
 1.キャラクターの提供形態の違和感
002
キャラクタービジネスは、どの形態で顧客にイメージを植えつけるか?で後の違和感の有無が出てくる。

例えば、うちの坊主2号(3歳)は、アニメのドラえもんは大好きなのに、ドラえもんの「着ぐるみ」(リアルドラえもん)を見ると泣き出してしまう。アニメと着ぐるみのイメージがあまりに違い過ぎるから。

一方で、ベネッセの教育教材に出てくる「しまじろう」は、最初から教材の中で、「アニメ」「着ぐるみ」「人形」のキャラクターイメージがまんべんなく登場する。

そのため、顧客(子供)は、どのキャラクターのしまじろうを見ても違和感が全く無い。
003
それぞれのキャラクターのイメージ形態は、その後のどこで儲けるかと密接に関係している。

例えば、着ぐるみのしまじろうを子供にイメージ植え付けが出来ていなければ、着ぐるみのしまじろうを見ると違和感が出るはずなのに、全く違和感が無いのは教材の中でうまく子供にイメージを植え付けているからと思われる。

同じように、アニメでも、セル画的なアニメイメージと3Dグラフィック的なイメージでどちらを認識しているか?でキャラクター違和感がでると思われる。

ブランド価値と利益
 1.ブランド価値と利益の関係性?
004


右上の人気が出るわ、儲かるわ:
わかりやすいのは、将棋の藤井聡太さんですね。強くて優勝しながら優勝賞金をゲット。優勝すること自体が価値になり、利益にも結びつく。

左上の器用貧乏:
多くのスポーツの選手のインタビューがわかりやすい事例かなと。
試合に勝って、無料でインタビューに答えると認知度があがったり、凄いと言われるも、そこは儲ける場所じゃ無く、ある意味時間を持ち出ししている状態。

右下のぶら下がって儲ける:
人によりますが、講演活動はこの辺にあたるかなと。つまり、人気がある人だからこそ講演に呼んでもらえるわけで、人気が無い人は呼んでもらえないし、価格設定も安い。
005


組み合わせで稼ぐ事例は、こんな感じ。
006

好きな事で食っていく_食べ物編
 1.好きな食べ物を食べまくってビジネスにするには?
好きな事をビジネスにするには?と考えた時に、最初に思い浮かぶネタの一つが「食べ物」。

1990年頃は、「料理の鉄人」みたいな高級ネタが目立つ「食べ物関係職業」だったのですが、ラーメンを筆頭にだんだんダウンサイジングに。

但し、同じ「好きな食べ物をビジネスにする」でも「食べ物によって食い方が異なる」のが面白いところ。
001



 
2.好きな事で食っていくチェックリスト
でもって好きな事で食っていく初級チェックリスト(今後加筆修正しますのでたたき台)
002

38
 1.グローバルで拡大する事業での品質部門の重要度
002
製造業を例にとると、1-10個くらいのモノを作る場合は、設計して作りながら良くないところを修正かけます。

一方で、最近のiPhoneに代表されるように、1機種で1億台もの商品を量産するものも出てきています。

そこで品質を理由に「出荷を止める」となると事業インパクトが大
003
プレッシャー尋常じゃないです。


 2.グローバルで拡大する事業での品質部門の重要度

2000万円
 1.年収2000万円の新卒が出る時代へ
一昨年くらいから、テクノロジー系の経営者の中では話題になっていたのですが、シリコンバレーでは新卒初任給が2000万円の事例が出始めています。



日本は、全体的に収入に対して不満が多いくせに行動を起こさない訓練を受けてきたのかもしれないです。


↑このページのトップヘ