title_cp


 1.i-mode時代のコンテンツとCPの力関係
最近、マンガの違法サイトなどでコンテンツどうあるべきか?論が多いので、i-mode時代を振り返ってみました。

当時は、元々コンテンツホルダーが強いと思われていたのが、結局顧客のアカウント(財布含む)を多く持ったCP[コンテンツプロバイダー]が結局強くなって、コンテンツホルダーがあまり儲からずに、CPだけ大きく利益を上げる構造に(ゲーム、待ち受け画面等)。

一方で、ガンダムみたいな、顧客からのロイヤリティ/コミットメントが高いコンテンツはCPに対して強い力を持っていて、未だに強いです。

つまるところ、対CPへの力関係という視点で2極化
002


その流れで、こういうマンガコンテンツが強いのかな?と調べたのがこちら。
マンガで単行本が累計1億部越えているモノは現時点で12ある様子。





 2.ドラゴンボール vs ONE PIECE

こんな指摘を受けまして、考えました。



003

004



 3.最近のマンガはファストファッションみたいなもの?



 補足.マンガ業界情報