働きアリは生活時間の75%を遊ぶ

一見無目的にみえる遊びや好奇心活動は、未来の変化に備えるものである。 どーでも良いことをツラツラと。

タグ:非接触充電

001


iPhoneで非接触充電(Qi規格)が搭載される発表がされました。

日本で、Qi規格の非接触充電が搭載されたのは2011年8月の


NTTドコモ AQUOS PHONE f (SH-13C)

でした。


電動歯ブラシなどで、非接触充電が一般的になる中、携帯電話では、各社非接触充電搭載の機種を一般化させるのは本当に苦労して、撃沈しました。


苦労した理由は
  • 充電台の規格が複数あり、特許や部品供給会社の思惑が交錯した
  • 顧客から、「非接触充電の要求が強い」も、コストアップ、端末厚みアップが当時は当たり前であったために、なかなか全機種で非接触充電を搭載するのに躊躇した
  • 日本でいうと、2011年頃には、NTTドコモが2000年頃のように圧倒的な影響力を失いつつあったために、一つの規格を統一するリーダーが不在だった


今回のiPhoneでのQi規格の採用によって、Qi以外の規格は絶滅に向かう可能性が高いです。

但し、Qi規格は非接触充電の世界では、「規格として統一されている」ものの、最も優れた技術ではないので(距離とか効率とか)、今後新しい統一規格がでてくるかもしれません。




ちなみに、どなたか、これ量産してください(ぺこり)
bd01

iPhone用 非接触充電台 〜作ってくれる会社無いかな?〜

001


iPhoneで次々に、日本で先行導入された技術が採用されて、多くの人を熱狂させています。

その採用時期を比較してみました。見ての通りです。


携帯電話への技術導入時期。
  • 有機EL 2001年 vs 2017年
  • 非接触充電 2011年 vs 2017年
  • 指紋認証 2003年 vs 2013年
(左:日本、右:アップル)



技術の世界では、「10年前の技術なんて、100年前かよ!!」くらいの古さで言われるような話。でも、どちらが、お客様を熱狂させたか?は一発でわかるはず

どういう体験をお客様にして欲しいの?

それだけです。 


「差別化」
という言葉で、お客様無視で、企業間競争するような時代は終焉にむかいつつあります。何でも、最初に導入すれば良いというわけではないのです。


[関連記事]

iPhone 〜日本の有機ELは2001年〜
iPhone 〜日本の非接触充電は2011年〜
iPhone 〜日本の指紋認証は2003年〜
Snow 〜日本のキャラクタービデオは2003年〜

↑このページのトップヘ