BTG

 1.暗号通貨取引所のシェア変動の歴史

暗号通貨の取引所ビジネスというものは、「キラー」となる「通貨」や「対応」を行った取引所がシェアNo1をゲットするという歴史が繰り返されています。そのため、潮目となる時に暗号通貨の大移動が起こってシェアが大逆転になります。


例えば、今年前半に世界的にシェアNo1だったPoloniexはイーサリアムという最初はマイナーな通貨を早急に取引できるようにしてシェアを伸ばしたと言われています。しかしビットコインキャッシュの時に色々と手打ちが遅れてシェアを落としたと言われています。


今回10/25にビットコインゴールドがビットコインから派生する確率がかなり高くなっています。
この「潮目」の時の日本で有名な各取引所の対応を見てみます(先に述べたように、スゴイ通貨大移動が起こるので、ギリギリまで各取引所の対応が二転三転します。2017年10月21日22時時点)


ビジネス的にも、このギリギリまでの各取引所の対応は見ものです。それほど、ビット化(文字情報化)した通貨がインターネットにつながっているというのは恐ろしいくらい逃げ足が速いわけです。


個人的には、COMSAのICOがあるので、Zaifが取引所シェアNo1を今年後半でとってくるんじゃないかなーと思っていたのですが、ちょいと違う匂いがしてきました。



 2.BitcoinGOLD[BTG]欲しければbitFlyer一択

BitFlyerに加入するならこちらからどうぞ
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


断言しすぎると良くないなと思いながらも、現時点での日本国内の各取引所のBTG分岐に対してのBTG付与の姿勢(というより、言葉ゲームな気もしますが・・・)とBTGが実際に取引所で取り扱えるかの2点だけで比較検討すると、現時点ではbitFlyer一択です。


bitFlyerは元々、取引所シェアが高かったのですが、最近はCoincheckやZaifに押されていたので今回は潮目でシェアを大きく伸ばすチャンスになっているのかもしれません。


但し、詳しい説明は色々調べてもらえると良いと思いますが、各取引所がこれほど、前提としてBTG付与しないということは、色々と波乱を感じているということなので本当に全ての行動は自己責任でお願いします。


bitFlyerに加入するならこちらからどうぞ
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


但し、今後、色んな潮目が出てくるので、そのたびに通貨大移動が起こりますので、複数の取引所の口座を一応開いておいて良いとは思います。


各取引所の特徴は下記をみてみてください。
初めての国内の暗号通貨取引所 〜まとめと比較〜


Coincheckに加入するならこちらからどうぞ
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


Zaifに加入するならこちらからどうぞ