働きアリは生活時間の75%を遊ぶ

一見無目的にみえる遊びや好奇心活動は、未来の変化に備えるものである。 どーでも良いことをツラツラと。

 1.分割ラッシュ

投稿が少しだけ賑わう中、今日は、分割ラッシュでしたね。

自分がホルダーになっている人が分割なさる場合には、通知が来て、緑帯がついています。
↓こんな感じ。
21
どんな人が分割なさっているのかな〜?と思って見ていたんですが、最初に分割した小川さんに引き続いて、小飼弾さん、堀江貴文さん、西山さんと分割があったので、

「もしやVALU関係者みんな分割祭りなのか?!」

 と思って、mitoさんをみたら、<チラッツ>



04


分割無し!!!!



なーぜーじゃーーーーー

*個人的には、100VA、殆ど売りに出していない人以外は、今のVALUの雰囲気の中で分割をすると悪影響しか無いと思っているので見送りが良いんじゃないかなーと思ってみています。

46
 1.信用創造

本日も静かだったのですが、とある地域だけ「資金流入」で盛り上がっていました(小盛り上がり)。


但し、VALUというのは、再投資が行われて「信用創造が膨らむ」というエコシステムで盛り上がってきた仕組みなのでポイントは再投資をしたくなるような雰囲気になるかどうか?が今後の重要ポイントですね。


ヤフーオークションやメルカリと同じ話なのですが、「売り手」だけが多い とか 「買い手」だけが多い だけではエコシステムは築けないわけで、「発行主」「買い手」ともに盛り上がる雰囲気が作れるかどうかかなと。


*そういう意味では、初期組でチャチャ入れで盛り上がっていた人達の関与が減ってきたのが少し寂しいところ。




 2.タイムバンクとの比較

どこかのタイミングでちゃんと書きますが、似ているようで全く似ていないのがタイムバンク。


タイムバンクは今のところ、タイムの発行主が他の人のタイムを買っているような発言が無いので、おそらくは、信用創造型のエコシステムではなく、流入した資金そのものがビジネスの規模になってしまいます(但し、売り買いの往復の回数が増えると、フローの観点ではビジネスは膨らみます)。


タイムバンクは、毎日1名の発行主が増えます。だいたい72000秒(最大)の発行で、平均的に公募価格が30〜40円(以下の計算では仮に40円にします)くらいだと思います。


つまり、毎日、72000秒×40円=288万円のお金が買い手から発行主にうつって、タイムバンク内の流通金額が減ります。つまり、タイムバンクとしては毎日288万円(あくまでも予想)以上の資金流入が無いと縮小均衡になってしまうわけです。 (但し、タイムを発行した人が他の人のタイムを買わないという前提)


運営側の発表値だとだいたい4億円がタイムバンクに入っているようです。僕の手計算だと、現時点でだいたい2−3億円がタイムバンク内で行き先を失った資金として漂流していてる感じです(出金に1ヶ月かかるので一度資金入れた人は出し入れするの邪魔くさいんですよね)。


この辺がVALUとの大きな違いで、VALUも発行主が発行だけして、再投資しないという選択肢もありますが、従来は多くの人が再投資していました(この2、3ヶ月は再投資しない人が増えてきた感じもします。←べつに悪くはないです。単にビジネスモデルの生態系の話をしているだけなので)。


なので、初期の頃と2ヶ月前までの2回、VALUは信用創造によってフィーバーのように盛り上がっていたわけです。


こういう、どうでも良いことを考えるのが楽しいですw

↑このページのトップヘ