働きアリは生活時間の75%を遊ぶ

一見無目的にみえる遊びや好奇心活動は、未来の変化に備えるものである。 どーでも良いことをツラツラと。

 各取引所の年間の価格データ
確定申告のために、暗号通貨の取引所からデータをダウンロードしようにも、取引所が不正実としか思えない対応なので(顧客に気づいて欲しくない情報が多いんでしょうね:笑)、自分でデータとることにしました。

一番重要だなと思うのが、毎日の主要通貨の価格なので、そこを優先で抜き出しています。
気づいた間違い等あれば教えてください。項目も見直しでaveragaやvolume消すかも知れません。

今のところは、スプレッドシートの情報は毎日更新予定です(僕の気分次第)。

なお、データに間違いがあっても責任は取れないので、そこはご理解下さい。


 1.Zaif
Zaif_BTC_JPY

フォーマットは全体的にこんな感じです

2017年
BTC/JPY


BCH/JPY
[BCH/BTC]

ETH/JPY

[ETH/BTC]

XEM/JPY

[XEM/BTC]

MONA/JPY

[MONA/BTC]

CMS:ETH/JPY

CMS:XEM/JPY


XCP/JPY

ZAIF/JPY
[ZAIF/BTC]



*他の通貨情報も追加します


 2.CoinCheck

追加予定


 3.bitFlyer

追加予定


 4.希望があれば海外も含めて追加します
海外取引所も含めて、この取引所のこの通貨(ペア通貨も)を追加して欲しいというのがあれば可能であれば追加します~(基本、自分が欲しい情報優先ですが)。

頑張るモチベーションのために、追加希望だったり、頑張っているな~と思ったら、投げ銭お願いします~(世の中の、無駄な重複作業を撲滅するためにメラメラ奮闘中!!!)。

Bitcoin (BTC)

f:id:yoneapp:20171221222837p:plain
bitcoin:18tKFKghV3iwm9P2QGH88hQnUxT1BtHFKA

Bitcoin Cash (BCH)

f:id:yoneapp:20171221223236p:plain
bitcoin:1FJgKbvJzv7CdhbD5yemcWzijYM7r94chD

Ethereum (ETH)

f:id:yoneapp:20171222005537p:plain
0xB479c5d9DD3e79A7F256e28c1696Ad6f6b634735

Monacoin (MONA)

f:id:yoneapp:20171221222505p:plain
monacoin:MV6L8MxxiJkCo4dfx18nMb7MXWY7fZSHKA






Zaifに加入するならこちらからどうぞ



BitFlyerに加入するならこちらからどうぞ
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


Coincheckに加入するならこちらからどうぞ
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


43
 1.総括


但し、担当の方も色々と流動的に議論しないとわからないことも多いと思いますので、あくまでも参考。全体として、感じる事は、税務署の方から説得されて「税務署さんのおっしゃること確かに」と思うような内容な最初から避けて保守的にするのが良いということかと。

*それにしても、細かい計算が合わない(悩)



 2.聞いた内容


 


*久しぶりにこれも貼っておこう(全く効果期待していないし、効果無いのだが(笑))

今なら、何だかんだbitFlyer,Coincheck,Zaifの3つくらいは取引所開設しておいてそれぞれの特徴毎に通貨の売り買いを使い分けるのが一番良いですね。初心者が一番やってはいけないことは、「取引所で買うので無く、販売所で買う」「Coincheckで売り買いを頻繁に行う」ことかと。

初めての国内の暗号通貨取引所 〜まとめと比較〜



33


お前の趣味は何個あるねん!!と言われそうですが、たまにはユーザインターフェイス(UI)の話をば。

 1.アメリカ横断ウルトラクイズ

僕が、衝撃を受ける忘れられない話がたまーにあるんですが、その一つ。

小学生くらいのときに、当時の「アメリカ横断ウルトラクイズ」を見ていたわけです。
その際に、チャンピオンになった人が「なぜ早押しが自分は早いか?」の説明をなさっていました。


早押しボタンを押すというのは、普通はこう↓いうわけです。
push2
一方で、その方(名前失念したのですが)が仰るには、

「ボタンを押すという動作は、
1動作でなく2動作だ!」


と力説なさっていました。


つまり、「押す」のでなく「上げて」「下げる」という動作。
こんな↓感じ。
push1
結果として、その方が仰っていたボタンの早押しの方法は、

「押すのでなく、前へ出す」

のが最速とのこと。実際に自分でも当時マネしましたが、体感出来るくらい早かった。

こんな↓感じ。
push3
その体験以来、僕は「一つ」とか「簡単に」という言葉を疑う、「へそ曲がりな人間」になったわけです。僕のUI/UX設計に対する思考は、アメリカ横断ウルトラクイズから始まったのです!。


結果として、こういう↓、どうでも良いように見えるところに対しての、あくなき追求につながる・・。





*当時のビデオ見たいんだけれど、全く見つからないんですよね〜。だれか、ご存知なら見たい!

↑このページのトップヘ