働きアリは生活時間の75%を遊ぶ

一見無目的にみえる遊びや好奇心活動は、未来の変化に備えるものである。 どーでも良いことをツラツラと。

 1.過去最低出来高?

ちらちら動きをみているのだが、おそらくサービス始まって以来の最低出来高じゃないか?

それくらい、売買に乏しい状況。



 2.VALUに初めて登録した人どう感じるのだろうか?

自分がVALUが登録したとしたら、「自分のVALUを誰かが買ってくれる」「誰かのVALUを買う」というのが嬉しいと思うのだが、

参加した人が「何をして良いかわからない」

状態なのかなと(チュートリアルもマナー説明も何も無いので)。


なので、そろそろ「チュートリアル」をVALUやっている人から募集して、チュートリアルを掲載するなどの施策を運営側にもやってもらえると良いのかなと(昔から指摘されている話だが)。




 1.高額VLAUの崩れ

全体的に静かな相場ですが、高額VALUが少しずつ値崩れしてきた感もあります。

但し、第一次熱狂の後の冷え込みの価格よりは遥かに上にいっているので、明日以降どうなるかウオッチ継続です。





 2.熱狂-沈静の周期は?

初日からVALUをみている感覚でいうと、VALUは大まかにいうと、価格が10倍になったり1/10になったりする感じです。


ここでポイントになるのは、値幅制限かなと。


第一次熱狂の後(VALU事件簿003 〜 クソ株界に新星誕生! 〜)に値幅制限1.5倍〜0.75倍というものが導入されたわけですが、


これによって、例えば、毎日1.5倍になるとしても10倍になるのに約1週間かかるわけです。逆の1/10になる下落も約1週間です。


下落の場合は、上昇のときと比べて、常に投げ売りがなされるわけではないので、毎日0.75倍でなくジワジワくるわけで、そう考えると数週間かかるという計算になります(そろそろ例の騒動から1ヶ月くらい経ちそうです)。


見ている限りは、そろそろ値段的には良い感じかなと思うVALUが多いのですが、問題は昨日も書いたように


「殆どの人がBTCが枯渇しているはず!」





 3.成立しない買い注文だらけ

多くの人が仕方ないんだが、どうにかしてほしいと思っているのが、


「上場したのに、全く売り出し も 投稿 も無い人」

今日、かなり大量の過去の未約定の買い注文をキャンセルしてみました。
山ほど、手元にBTCが戻ってきました。


毎日、新規登録が増えるのはありがたいのですが、何もアクションが無いと、「信用創造」にBTCがまわらないので、徐々に信用創造の総額が縮小に向かいかねないです。


言葉は悪いですが、VALUのサービスにとって弊害が大きいと感じています。


登録だけして、何もアクションが無い人は、一度、上場廃止するなどのアクションも検討してもらってもいいんじゃないかと個人的には感じます(僕が頭が回る範囲では、誰にとっても弊害は無く、良い事だらけかと思います)。


但し、一度でも売り出ししてしまった人は弊害が出るので別話です。




〜PS〜

友達に、ビットコイン、イーサリアム何処で買うと良いのかな?と聞かれることが多いので、まとめておきました。

初めての国内の暗号通貨取引所 〜まとめと比較〜

ビットコインなら、BitFlyerかZaif、イーサリアムならCoinCheckがスプレッドや手数料の観点で良いと思います。

友達に暗号通貨色々聞かれるので、まとめておきました。

信用取引の話は下記に色々かかれていますが、殆どの人は信用取引しないと思うで参考程度に。
国内の暗号通貨取引所比較




 1.国内の有名暗号通貨取引所

他にも色々あるのですが、基本的に初心者は、買うのがメインになるので、下記のどこかになるかと思います。

  • Coincheck [コインチェック]
    取り扱い通貨が豊富。イーサリアム買うならココが良い。
  • Zaif [ザイフ]
    COMSAのICOに参加するならZaif。
  • BitFlyer [ビットフライヤー]
    頻繁取引の人には安定感あり。amazonギフト券/クレジットカードなどへの交換選択肢多い


*但し、暗号通貨取引所っていうビジネスは、
「キラー通貨を最初に取り扱った取引所がシェア1位になる」
という歴史を繰り返しているので、今後、オススメの取引所は変わると思います。



 2.Coincheck

最近では、国内取り扱いNO1らしい(先にも書いたようにシェアはコロコロ変わります)。

一番の特徴は、多くの通貨を取り扱っている点。
(Bitcoin、Ethereum、Ether Classic、Lisk、Factom、Monero、Augur、Rippple、Zcash、NEM、Litecoin、DASH、Bitcoin Cash)

と色々あります。これらの説明は別途。


Coincheckは、指値の機能が貧弱なので、株式投資などになれている人からすると、違和感満点なのですが、逆に、ド素人向けの「簡単に買える機能」があるので、そちらで手軽に買えます。


スマホのアプリも、紹介3社だと、Coincheckが一番カジュアルに使いやすいと思います。


但し、注意すべきは、スプレッド(売りと買いの価格差)が5-10%もある事もあるので、ちゃんと価格は確認してから買うべきかと(他の取引所も同じですが)


Ethereum(イーサリアム)を買いたい人は、国内ではCoincheckが一番スプレッドが少ないと思います。


Coincheckに加入するならこちらからどうぞ
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin




 
3.Zaif


COMSAという大型のICOを行う事で現在の台風の目。もしかして、COMSAで取引所シェアNO1をとってくるかもしれません。

今、人気が出ている理由は、上述した、COMSAのICOに申し込むにはZaifの口座が必要なので、結構多くの人が資金をZaifに移しているのでは無いか?というだけです。
COMSAに興味がある人は、新規開設ではZaifが良いと思います。


(COMSAのICOに登録するなら、こちらからどうぞ)


Coincheckと比較すると、指値がやりやすいです。


但し、Ethereum(イーサリアム)のスプレッドが非常に広いので、Ethereum(イーサリアム)を買うには不適切です。


あと、特徴として、Zaifコイン積み立てなるものがサービスがあります。


Zaifに加入するならこちらからどうぞ






 4.BitFlyer

元々、国内最大手の取引所だったので、色々と安心感があります。
但し、取り扱い通貨が少ないので、物足りないかもしれません。


面白いのは、暗号通貨で色々とモノが交換出来ること。
amazonギフトカードやVpass(クレジットカード)のチャージカードとの交換が可能です。

BitFlyerに加入するならこちらからどうぞ
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で





また、追加します~

↑このページのトップヘ