働きアリは生活時間の75%を遊ぶ

一見無目的にみえる遊びや好奇心活動は、未来の変化に備えるものである。 どーでも良いことをツラツラと。

本日の堀江貴文さん 2017年7月24日
☆新、○増 ▼減

森田正康200
RyoIshikawa(VANQUISH)100
▼GOROman(エクシヴィ)60→59
OsamuOgasawara(AWABAR)55
小林琢磨(マンガトリガー等)37
TakumYoshida(7sense)30
SatoruTehuCho(TEAMBOX)30
東智美(RAKUNI)20
鈴木みそ(漫画家)15
千葉功太郎(元コロプラ)17
ハヤカワ五味(ウツワ)10
Tomoyasu Hirano(スターハウス)10
Mai Shiotani(milieu編集長)10
しみけん(男優)10
内藤裕紀(ドリコム)10
谷口マサト(LINE)10
HAYAHIDE INOUE 10
Atsushi Wada 10
Toshiaki Paul Kanda(ジャーナリスト)6
藤野英人(ファンドマネージャー)6
カレーマン5
Takeshi Kikuchi(マンガHONZ)5
はあちゅう5
Yuki Ota(フェンシング銀メダリスト)5
Akihiko Shirai(VR)5
落合陽一5
Masaki Nakamura(映像)5
大前創希(ドローンカメラマン)5
☆Masayoshi Ono(水道橋博士)5
Takayuki Sugiura(ホクトシステム)4
nipotan(アイドル系ギタリスト)3
池田純(ありすぎ)3
Katsuaki Tsuji(一起吧生活科技)3
現代洋子(漫画家)2
しゅうまい(ビットコイナー)2
芹澤豊宏(ニーズコーポレーション)1
イケダハヤト1
池内亮太郎1
遠藤温子(弁護士)1
田中潤(PARTY)1
経沢香保子(キッズライン)1
二木博(カレー)1
加藤順彦ポール(エンジェル)1
小幡和輝(VALU専門家)1
SekiguchiAimi(VRArt)1

VALUがリリースされて2ヶ月です。
凄い盛り上がりだと思います。

一方で、CASHなど似たようなものもあるんですが、色々とベンチャーの経営を語る上で、重要な学びポイントがあると思いますので、真面目にビジネススクールの講師っぽく。


ネイティブアプリを作り込んだCASH vs WEBアプリのVALU




これ、開発やっていない人からすると、よくわからないかもしれませんが、
ネイティブアプリつくるのは、

 ネイティブ >> WEB

くらい難しいのです。


一方で、最近のユーザは、「ネイティブアプリでないと使いません」みたいな人も多い。

なのに、多くの人を熱狂させるVALU。

つまり、多くのベンチャー企業の人が100点で世の中にプロダクトを出さないとダメだとおもっているかもしれませんが、×が一杯あっても、企画がセクシーであったり、全体的に調整がとれていれば多くの人が受け入れてくれるのです。


未完成でも熱狂させることが

出来るものはあるのです



もしくは、


個別に見たら、×だらけだけれど、

全体としてみたら◎のものもある



のです。

(これ、僕がパズドラをやったときに感じたことです。個別にチェックリスト
作ったら×だらけでした。でも全体としては、お化けのような素晴らしさ)





自分は、あんまりVALU売る気ないので、買い側メインで色んな人の職業を調べてるんですが という前提で。


このVALU小川さんの

海外展開発言を受けて、色んな人が、たまに

「自分のVALUも海外で売れるかなー」

とか吞気に言っている人がいるのですが、


 安心してください!



「売れません」


残念ながら。



但し、やり方によっては、売れます。


特にタレント、イラスト、

漫画家、音楽家 等の方、

ビックチャンスです。


下記を事前準備しておいてください。

1)一目で買いたくなる写真にする

 写真/イラストをちゃんと撮り直す等して、写真みるだけで、
「良いかも」と思ってもらえるようにすること


2)自己紹介文の英訳の準備

自己紹介文を、必ず最低限英語にしてください。
望ましくは6カ国から17カ国くらいに翻訳しておいてください
(この辺は、スマホゲーム業界の方が詳しいので、VALUで仲良く
なってノウハウ聞いてみて下さい)


3)成果物、アピールの各国への対応

イラストや音楽の方々は、事前に、狙った国に受けそうな
一発でわかるものを準備下さい(たとえば、トランプ大統領のイラストとか)




VALUみたいな新しいコミュニケーションツールは、早めに対応した人が勝つ確率が圧倒的に高いです。

ウオッチが1000を超えるモデルさんがVALUにも数名いらっしゃいますが、理由わかりますでしょうか?

簡単です、

最初からやっていた

それが最重要。

再度言います。ビックチャンスです!




*なお、VALUがもしかして、世界展開の時にマーケットが乱雑にならないように市場を分ける可能性もありますが、個人的には「Facebookをベースにしている」、「小川さんの意図をくみ取る」という2つの理由から、おそらく市場は世界で1つだと思います。

↑このページのトップヘ