働きアリは生活時間の75%を遊ぶ

一見無目的にみえる遊びや好奇心活動は、未来の変化に備えるものである。 どーでも良いことをツラツラと。

将来何になりたい
 1.将来何になりたいを聞いたあとにアフターケアの無い社会
昔から子供(幼稚園児〜大学生。さらには社会人に対しても)で違和感がある質問が

「将来何になりたい?(職業質問)」

多くの場合は、「わからない」という子供達に対して「何かひねり出せ!」とあおる割には、ひねり出した「なりたい(と言わされた)職業」に対してケアが無い。

(多くの質問側の人は、エンターテインメントくらいにしか思っていないんじゃ無いか?)

一応は、なりたいと言った職業に対しては、「どうやったらそれになれるか調べよう」「何を勉強したら良いか調べてみよう」とかやっても良いんじゃ無いのか?といつも思うところ。
002



 2.情報更新が大量の時代なのでプロセス型に注目
自分は、昔から「目標を手帳に書いて、どうすればそれを実現できるか?」というような夢実現法の話に吐き気がしていたので、2000年前くらいまでの、「目標型」を礼賛する日本の雰囲気が居心地悪悪www。

しかし、2000年くらいから、徐々にキャリアの考え方でも「フラフラするのも悪くない(プロセス型)」というのが認められ始めたので居心地は悪くなく!。


[雑談:僕は、やりたい事が、2,3年事に全く変わってしまうのですが、理由は、「やりたい事を決めたあとに、新しい凄い情報インプットが日々起こるから」]


この目標型→プロセス型の流れもある程度、好きな事で食っていくという子育て方法に導入できるなーと。
003
なので、子供への質問(社会人でも同じ)として、「将来何になりたい?」だけでなく、「今の興味や好きな事を聞いた上で、そこから展開できる職業を調べたり、新しい職業を自分で考え出す」というのも悪くは無いかなと。



 3.1995年くらいからプロセス型も多くなってきたのでは?
004
005
インターネット時代以降の「情報更新のスピード(ある意味イノベーションの加速)」は非常に早くなっており、それによって、目標が陳腐化しやすくなっているのは事実。

更に、世の中が一定の豊かさ(欲しいものが無い)に達すると、目標よりもプロセスが優位になっている可能性もある(日々楽しくみたいな考えがわかりやすい)。
006
企業でも「ミッション」「ビジョン」(〜を実現)が重視されてきたものがの動きも「プロセス/社風」(〜で実現)を重視する方向に修正がかかりはじめていると感じているので、一応チェック。

Googleが「事実」という形でプロセスに着目しているのは有名なところ。
007
一方で、目標型としては、ジェフ・ベゾスがこんな事を言っています。
目標型の場合は、「大きなアイデアに集中しておけば、陳腐化が無い」という事。









わらしべ長者
 1.どーやって実現するんだ??
こちら好きな事で食っていく~ブランド人になっているか?)で、好きな事で食っていく一つの方法として、ブランド人になれるか?理論を考えてみた

・・・・・が、当たり前なんだが、

002
どーやって実現するか困っとるんじゃ!!!

と言う当たり前の話www。



 2.わらしべ長者法
一つの参考として、多くの人が当たり前にやっているであろう、

「わらしべ長者法」
003
004
005
006
007

具体的な方法や事例は別途追加しまっす!



↑このページのトップヘ